左脳、死んでも生きてるってよ

障害者でもないが健常者でもない。普通でもなければ異常にもなれない日々。

無職放浪の終わり

アルバイトに受かりました!

なんと明日から出勤です。

7月のスタートとともに無職終了です。さよなら無職。朝起きれるか心配で今から眠れないのではないかとそわそわしています。

 

上海放浪記は1日1日書こうと思ったけど1日しか書けなかった。やめた。文字で残すのが面倒になった。海外ということで殺されるか、スリに合うか、ぼったくられるか、いちいちビビっていたけれど意外となんとかなった。一応中国語を勉強しているけれどそんなに使えなかったのが悔しい。けれど行動範囲が中国まで広がったのでいつでもどこでも行けるなと思った。スリに合わなくてよかった。

 

中国はとにかくなんでもかんでもデカくて銀座の高島屋、新宿の伊勢丹を2倍くらいデカイデパートがボンボン立ちそれでもまだまだ土地ありすぎてスカスカ道路めっちゃデカくて歩いても歩いても進んでないのか?みたいになった。

 

公園もとにかく代々木公園みたいなのがボンボンあって中国っぽい木々やベンチがボンボンあってそこで音楽をかけて輪になって踊ったりおじさんが集まって将棋のようなものをやっていたり中国の三味線?みたいなのを弾いたり寝たりと公園を最大限にエンジョイしておりこの風景は大変面白い。いつまでもやってほしい。

 

そして街中は本当に若者が多い。若者カップル子連れが多くて経済発展もなるほどと肌身で感じた。どの店も22時までやってるからどこも人が多いけど土地が広いからそんなに人が多く感じない。竹下通りみたいにミチミチにならない。すげえな、中国。

 

私の成長といえば値切れるようになった。上海のお土産屋さんはとにかくバチクソに値切るのがお約束。一度あまりうまく値切れなかったのが悔しくてその後むちゃくちゃ値切りまくった。値切れるのが楽しくて買い物に夢中になってしまった。しかしめちゃくちゃかわいいチャイナ服を買ったものの、日々の惰性によりケツが入らずチャイナ服が悲鳴を上げた。私も悲鳴をあげた。悲しい。

 

そんなこんなであっという間に終わってしまった。次はもっともっと中国アイテムを買い占めたいのでアルバイトがんばります。

f:id:neo_nekuradog:20190630113657j:image

無職放浪記一日目

無職一人旅。一日目。

今回は初めて上海へ一人で行くことになった。

父が上海に住んでいるので、半ば強引に一人で行くことになった。

空港は広くて勝手がわからへん。しかし無事チケットを取得。

手荷物検査はなにも悪いことしてないけどビクビクする。日本語を話してくれるのかビクビクした。

 

搭乗。CAさんがチャイナビューティ。可愛い。ニィハオと言われもう中国が始まっている!こ、怖い!手のひらサイズの中国語辞典を支えにいざゆかん。ちゃんと中国語が話せるかな…………

 

飛行機、席が真ん中の真ん中。ショック。

隣の前の人がデケェ声でテレビ電話した後MAXでイスを倒して寝た。あんなメンタルがほしい。

 

到着。しかし、雨。しかもAmazonであらかじめ購入した海外対応のSIMカードが使えない。何度も試すが全く動じない。葛藤の末Wi-Fiを借りる。Wi-Fiカウンターの女性店員さんたちはめちゃくちゃデケェ声でしゃべってパンとお菓子をつまみながら接客してくれた。とても楽しそう。新しいお菓子を持ってきたらしくはしゃいでいた。かわいい。日本ももうマジでこういう接客にしようよ。

 

父宅に到着。晩御飯で大好きな小籠包、蟹味噌の麻婆豆腐、めちゃくちゃ好きな空芯菜炒めとここでもビールを飲み飲み幸もす。その後周辺をとにかく教わるがあまり頭に入ってこない。多分ピンチになったら思い出す。いや、パニックになって2〜3回目くらいでしか学ばない。

 

まだまだ小籠包が食べたい。焼き小龍包も食べたい。

あちこち傷だらけの無職放浪記が今始まる。

星に願いを

吉祥寺のとあるバル的なところ。

わたしは緊張していた。箸の持ち方が汚いからだ。

そこにやってきたのは彼のお母様。一緒に歩いていたら恋人同士と思われてもいいんじゃないかってくらいお綺麗。まっすぐでつやつやのかみとアニマル柄に黄色のスカート、カゴバッグ。マネキンそのままみたいな洒落っ気で、お話すると軽快で話しやすく、わたしが無職のことも受け入れてくれた。

 

「そうなの!でも若いからいくらでも取り戻せる!なんで好きなことやったり勉強すればいいんだよ!大丈夫だよ!」

なんで我が親からこの言葉が出ないのか不明だが、長い目で見てのんびり探して大丈夫だよと背中を押してくれた。それは息子の彼女とかじゃなく一人の無職の若者としてのコメントで、その優しさに泣きだしそうだった。

 

家庭なんていろんな形がある。なにもダイワハウスの父母兄妹犬or猫なんて家族じゃなくたっていい。「家族だ!」と思ったら家族でいい。法的な手続きはいいとして。そういう時代が来る。苗字も育休も変化してる。

 

家族ってなんんだろう。先ほど親に「お前なんか家族じゃない。ただの同居人なんだから不快なことをすんな」と言われたばかり。

お前がつくった家族は「不快なことをしなけりゃいい」それだけなのか。わたしはなんかのか。

 

何度も何度も「生まれなきゃよかった」と思った。姉がいて、もうそれだけで十分なのに余分に生まれてしまって、余分なばかりに普通の社会に馴染めずに働けない。誰にも認められない毎日。家族じゃない、つまらないと言われる毎日。

 

「普通の子どもがよかった」と母親が言った。わたしもそう思う。ちゃんと多からず少なからず男女友達がいて、恋人がいたりいなかったりそういうことも相談できて、ちゃんとした会社に雇用されて土日休みでダラダラしたり、デートしたり、飲みに言ったり。流行りの服を着てそれに見合う華奢な骨格で家にもちゃんとお金を入れて自分のためのお金もかけられて、それらい稼いで貯金して。3年後くらいに結婚して子ども産むんだ。それに父親も親とかも同席して泣いて、泣きながら名前を考えて、なんて。

 

わたしには実現できない未来がたくさんありすぎて息がつまる。どれもこれもお星様のように遠くに光って掴むこともできない。そのきらめきが廃れることもなく、わたしばかりが時間を過ごして朽ちていくんだ。

 

願ってごらん夜空の星を金にもなににもならない星を。いつか誰かに願うのを諦めずに。

欠陥品バトルロワイヤル

昔から、自分の思ったことを口にするのは苦手だった。

何かを出されてどっちがいい?と言われれば余ったものを選んだ。「これがいい!」と勇気を振り絞っても否定された経験を今でも覚えている。

 

自分で選んだものに自信が持てない、選べない。そういう性格は歳をとるにつれて足枷になった?

 

大学で就活をすふか、しないか?社会人になってなにをやりたいか、やりたくないか?

全くわからなかった。強いて言うならなにもやりたくなかった。自発的に自分がイメージしたものしかやりたくない、なんて偉そうに思った。

 

でも社会的にはペーペー。なんにもできないプー太郎なのに意識ばかりたかいところでなににもならなくて、かといってみんなと標準の目線を探しても全く理解ができない。標準値を自分の脳内で咀嚼するのが本当にできなかったし、今もできない。

 

でも、未だに友達や恋人などちゃんと社会人として営んでる人への羨みはとめどない。でもそれができない。できないんだどうしても。

 

「AをやったらBにしてAに戻して」とかそういえ些細な指示も行間が読めず、その先はどうしたらいいかわからない。でも「普通の人」ならわかるらしい。

 

単純に欠陥品なのだ。自分は。

だからこそ芸術を!と躍起になっても芸術もまた社会。運と人脈を持つ人ことが名を残していく世界。運もなければ人脈もない。人脈を広げる努力もできない。だったらなんなんだ、死んじゃえよと思う。欠陥品だから。

 

松本人志氏が「どんなに製造しても欠陥品はねきる。欠陥品同士で戦ったらどうか」などというワイドショーでの発言が話題になった。欠陥品同士、殺しあう気力もない。たくさん殺したら英雄、なんて戦争と同じじゃないか。誰かと誰か愛し合って望まれて生まれたてその子が欠陥品だとレッテルを貼られ、同じような苦しい思いをたくさんしている。そんな人を殺すことで自分の価値があがるなんて思えるだろうか。どうか早めに殺してほしい。そう思える人がいればそういう人に殺されて、誰かの価値になれたら本望かもしれない。

二酸化炭素排出するだけのナマモノ

毎日ウケる

朝起きるのもごはんを食べるのも

風呂に入るのもスキンケアするのも

寝るのもまた起きるのも

マジでなんの意味もなさすぎてウケる

本当に二酸化炭素排出してるだけの生き物って感じで誰の目に触れることもなく誰の記憶に残ることもなく呼吸して排出して摂取して

明日も明後日も予定はないのに

肌がガサついてたからパックとかしちゃっていやなんも予定ないけどね

強いて言えば区役所と病気だけだし

辛うじて犬と遊んだり散歩したりするけど雨の日とかになったら本当に無すぎてウケる

 

なんのやる気も感情も消え失せてなにもする気が起きないけど眠くないし眠れないしただ起きてるだけも辛いし画面を見続けるのもだるくてなにもかもだるくて逆に酒もそんなに飲んでないしあまり酔えなくなっちゃったし酔ってもテンション上がらないしなにもテンション上がらない

 

本当に意味のない人間、意味のない日常に、なにか光があるんじゃないかなんて思っても全く見当たらないなににも繋がらない

だった2つの面接も落ちてもうなにをどう働けばいいのかわからないハローワークに行ってみても「とりあえず探すしかないですね…………はは」

 

いやそれ誰でも言えるし自分が一番そう思ってるからね!?こんな想定外に無職になってメンタルがヘラらないわけはない。赤ちゃんとか見ただけですぐ泣いちゃう。悪いことしてないのに、とかがんばったのにとか、過去を悔やんでもしょうがないし全部、他人から言われそうなありとあらゆることは全部わかってて、それでいて体が動かないからどうしたらいいのかわからない。

 

紫陽花が綺麗に咲いている。季節を感じる。そのことだけで今は精一杯。感情がこれ以上なくならないようにするのに精一杯。それでも時間は過ぎて支払うべき金は増えていくから。労働に希望を。どうか光を。

元気に生きて元気に死ね

足血だらけ掻きむしって

引き落とされていく国民保険

社会保険福利厚生

落とされていくバイトの面接

 

明日起きてもなにもない

スケジュール帳持つ意味がない

なにも食べる気にもならない

とりあえず酒を飲む

 

麻痺した神経 自律神経

なにをやっても狂ったままで

時間も狂いも止まらない

世界は止まらない

 

立ち止まったところで世界は止まらない

人は死に生まれ働き営む

暴力殺人自殺病気事故事件

社会は一度も止まらない

 

死人に花を 労働に褒美を

誰もが自分を探して失って

他人の中の自分を覗き込む

なにもない

なにもない

どこにもなにもない

 

闇か白夜か幻か

どれも現実真実支離滅裂

最後は元気に死にたい

最後は元気に死にたい

 

花は手向けなくてよろしい

お前の今を生きよ

最後は元気に死ね

どこまでも君のQRコードで

助けてくれ 

具体的にいえば

保険証がないんだ

何か怪我とか病気の時お金を立て替えてくれませんか

嘘です

自分で国民保険を申請します

傷ついたり倒れたりしたらこれを差し出します

 

助けてくれ

市民税県民税急に請求きた

あとで払うから立て替えておいてくれないか

多分返さないけど

なんに使われてるのか具体的に教えてくれ

例えば教育にいくら使ったとか

でもどうせ具体的といってもわかりずらい

WEB最前期みたいなクソみたいなグラフなんだろう

 

ふざけんなよ

アルバイトの交通費でギリギリよ

そんな国民見下しながら何千万ももらってる議員

改革のチケットは君の胸の奥に

改革のチケットは君の胸の奥に

QRカード読み取って

それか会員カードスキャンして

 

車椅子でも腕がなくても目が見えなくても耳が聞こえなくても生きているから

ただ同じ人間だから

ただ君の胸の奥の会員番号指紋認証して

あなたのその指で飛び越えて

その透明のハードルを飛び越えて